大雪の後処理

こんばんは、おかにゃんです。

関東東京多摩地方見事の大雪。

okanyanto.hatenablog.com

翌朝。見事に積もりました。

f:id:okanyanto:20180124152611j:plain

夫は出張中(まあ、平日なので仕事)なのでおかにゃん一人で雪かきです。
が、ご覧の通り大量の雪と車に踏み固められ凍った雪。

f:id:okanyanto:20180124152601j:plain

雪国ではありませんので除雪車なんぞありません。

役所の方針では

都・市では、所管する幹線道路を中心に除雪作業を行います。市民の皆さんは、共助の精神に基づき自宅付近の除雪や通行の確保、孤立・閉じ込め状況の解消にご協力ください。(市役所HPより)

要は自分で全部やってね♪ ということ。

ならば仕方ない、雪かきしましょう。

用意した道具はこちらの2種類。

スノーラッセル(オレンジ色のスコップ)とスコップ(園芸用)

f:id:okanyanto:20180124152541j:plain

スノーラッセル、もう少し小さくても大丈夫だと思いますが我が家は角地なので雪かきする面積が広いのです。

このスノーラッセル、大変優れものです。
ちょっと積もる雪から数年に1回の大雪まで対応できます。 雪かきをするお宅は持っていると便利です。

種類も豊富ですよ♪

注意点は先が金属に覆われているわけではないので固まったり凍った雪に無理に差し込むと割れる恐れがあります。

そこで必要になるのがスコップ。雪国では四角いスコップを使うようですが数年に1回の大雪のためにわざわざ買うこともないと言うことで園芸用で。

柔らかい雪をひたすらスノーラッセルで集め、(車に踏みつけられ)固まった雪をスコップでひたすら割る。そして氷のかけらをスノーラッセルで回収。あとはお日様の力で蒸発されるのを待つのみ。

そんな頑張るおかにゃんに一言。

f:id:okanyanto:20180124160446j:plain

だから雪かき。